不倫調査の場合

妻子がいるのに不倫する男性は多くいます。

最近は男性だけでなく、女性も不倫する時代です。

共働きが増え、女性も出会いが多くなったことにより不倫する可能性も増えたのかもしれません。

もし不倫された場合、どうしたらいいのか。

それは探偵を雇うことです。

自分で調べるとなると時間もかかりますし、精神的負担も大きくなります。

自分の配偶者が不倫相手と仲良くしているのを間近で見るのは辛いですよね。

そんな思いをしなくても探偵にお願いすればいいだけです。

多少の費用は掛かるとしてもプロであれば証拠もしっかり押さえてくれます。

有名な興信所であれば、最新の調査機材を使用して詳細な報告書を仕上げてくれます。

離婚するときにもこの報告書があれば有利になるはずです。

離婚の時に必要な弁護士も探偵会社が紹介してくれることもあります。

自分で探す手間がかからないので便利です。

探偵会社のホームページからオンライン見積もりが可能なこともあるので、ぜひチェックしてみてください。

おもいやりライト運動

今日も交通事故の話をします。

おもいやりライト運動って知っていますか?

交通事故というのは実は午後4時から6時の間が多いそうです。

少し暗くなってくる頃に起こるんですね。

ライトを早めに点灯して交通事故を防ぎましょう!という運動のようです。

また、歩行者は目立つように反射材をつけてください!という運動も行っているとか。

今年で8回目を迎えるそうです。

今後もこういった運動が増え、交通事故が減ってくれたらいいですね。

交通事故が減ることで保険会社もハッピーになります。

慰謝料の支払いを減らすことができるので、利益を上げることができるわけです。

保険会社は少しでもお金を払わないようにするために、治療費の打ち切りなどを言ってきますからね。

交通事故に巻き込まれた人はそんなこと知ったこっちゃない!完治するまで払わんかい!と思いますけど。

交通事故が増えることで得する人はいません。

一人一人が意識して早めにライトを点灯し事故を未然に防ぐようにしましょう。

もし事故の被害者になったら、下記サイトを参考にしてください。

参考: 交通事故・治療費打ち切りへの対応

長い人生なにがあるかわからない

今日は交通事故の話にしましょうか。

交通事故というのは人生で何度も起こるものではありません。

もしかしたら経験しないまま生涯を終えることもあるかもしれません。

しかし一度経験したからと言って、二度と経験しないというものでもありません。

人生のうち、何度経験するかわからないのです。

最近はスマホが普及したせいで、交通事故も増えていると思います。

ラインやゲームをしながら運転する人が増えたからです。

運転に集中しなければ当然、事故を起こす確率も高くなります。

つい最近もポケモンGOに夢中になり、高齢者を跳ねたとのこと。

その高齢女性は残念ながら亡くなったそうです。

ゲームをして運転すると、このような事故を起こしてしまう可能性があります。

少しくらい大丈夫だろう!と思わずに、運転中はスマホの使用はしないようにしましょう。

交通事故を起こしてから後悔しても遅いんですよ。

悔やんでも悔やみきれない人生を歩みますか?

もし交通事故に巻き込まれたなら下記サイトが参考になります。

交通事故の慰謝料を増額する方法

あなたの結婚相手は大丈夫?

今日は結婚について話しましょうか。

結婚に踏み切る前に、相手や相手の親兄弟のことをよく知るのは大切だと思います。

何もあら捜しを勧めているわけではありません。

結局はいくら調べても実際に結婚してみなければわからないことも多いし、結婚した後で結婚前とは何かが変わる可能性はあると思います。

それが良い方向であれ、悪い方向であれ。

だから、相手とその家族についてある程度わかっていて、特に不安もないなら、それ以上調べる必要などないと思います。

でも、何かとても気がかりなことがあるなら、それに目をつむって結婚に進むべきではありません。

DVやギャンブル癖がある人と結婚したら、大変不幸な目に遭いますし、離婚は目に見えています。

誰と結婚しても相手の親と付き合うには一定の我慢を覚悟する必要がありますが、土台付き合うのが無理なモンスターの場合もあります。

こうしたリスクは探偵に結婚調査を依頼することで防げます。

依頼に当たっては調査内容をよく打ち合わせることが必要です。

お任せにすると、違法に入手した戸籍情報と雑な電話聞き込み結果だけ渡されて何十万円も取られます。

何を調べてほしいのか、それをどうやって調べるつもりなのか、よく話し合って納得してから依頼することです。

話し合いの中でこちらが知りたいことを調べる能力があるのか見極め、ダメそうだったら切る判断も大事ですよ。

任意売却をご存知ですか?

今日の雑談テーマは「借金苦で家を売る」です。

えげつないテーマですが、知っておくと役に立つことも多いです。

返済が追い付かなくなって家を売るしかなくなったら、それもよい選択肢です。

少し狭い場所に引っ越したって死ぬわけじゃありません。

いったん生活コストを下げて、借金を完済して出直せばいいんです。

ただし、それは家が売れる場合です。

これは普通の不動産売買ですが、今日のテーマはそれではありません。

任意売却は、住宅ローンがたくさん残っていると売ろうにも売れない場合の話です。

家を売ってもローンが残る場合、残債を全部払う用意がないと家は売れません。

抵当権を持っている銀行が売却に同意しないからです。

こうして売ることもできないまま住宅ローンの滞納が続くと、銀行は保証会社から残額の全額支払いを受けて、抵当権を譲渡してしまいます。

こうなるともう元の状態に戻ることはできません。

住宅ローンの残額を一括払いすれば、家を取り戻せますが、宝くじにでも当たらない限り無理です。

家はまもなく競売にかけられます。

こうなってから初めて任意売却という選択肢が登場します。

任意売却は、抵当権者と家の元の持ち主の双方にとって、競売より少しだけマシな方法なのです。

普通に家を売るのとは全然別の話なんですよ。

詳しいことは下記のサイトに出ています。

任意売却におすすめの不動産業者

いらっしゃいませ、雑談していきますか?

甘い香りが漂うけだるい空間・・・というほどでもない私のバーチャルカフェ。

ここでくつろぎながら、いろいろなことに首を突っ込んだり、突っ込まなかったりするブログです。

うちのカフェはコミックも完備。無料です。

今一番お気に入りは「闇金ウシジマくん」。

実写版の山田孝之がかっこよくてはまり役なので、ますます好きになりました。

以前に好きだった「ナニワ金融道」もそうですが、この種のマンガは社会勉強にもなりますね。

体験学習したら無傷では済まないジャンルなので、漫画でバーチャル体験するぐらいがちょうどいいです。

ただ、ウシジマくんは闇金の最新事情だとばかり思っていたのですが、すでに古い話らしいです。

今はもう事務所を構えている闇金はほぼいないと聞きました。

闇金の取り立ての方法も以前とはずいぶん変わってきてるとか。

あまり手荒なことをすると警察の手入れを受けて、その店舗はまた出直しになるので、やり方を変えてきてるらしい。

そのひとつが本人を脅迫的暴力的なやり方で締め上げるのではなく、社会的信用を徹底的に棄損して周囲の人間から回収するやり方。

もう一つはソフト闇金です。

闇金融の世界もどんどん進化してるらしい。

リアルで関わるのは御免ですが、また新種の金融マンガが現われるのが楽しみです。